ひげ脱毛の流れ ひげレーザー脱毛・髭(ヒゲ)永久脱毛


ひげの脱毛について

ひげ脱毛の流れ

ひげの脱毛をするときには、大抵は5回前後脱毛を
行います。人によってことなりますが、ひげの濃さによって1〜2回
全体を脱毛してから残したい場所を指定して脱毛します。
2〜3回目以降に脱毛しなかった部分だけを自然に残すことが
出来るため、ひげを伸ばしたときのイメージを自由に調整できます。
人によっては、ヒゲの脱毛で強い痛みを感じる場合があり、必要に
応じて局部麻酔や痛みを和らげるジェル等を使います。
また、人それぞれ肌の状態やひげの生え方が異なるため、医師によって
適切な医療レーザーの強さでひげの脱毛が行われます。
また脱毛用のレーザーも数種類あり、ひげや皮膚にあわせて適切なものが
使用されます。
また、ひげの脱毛は回数を重ねるたび痛みがすくなくなり、ひげの伸びる
のも少なくなっていきます。
ひげの濃さや皮膚によっては、回数が異なりますが、大抵は5回ほど
ひげの脱毛を行うとツルツルの状態のまま、ひげが生えてこなくなります。
ひげの脱毛を行った後で麻酔が切れても、炎症を抑える処理があり、痛みが
出る心配もありません。
人によってひげの脱毛後の感覚はことなりますが、
熱を持った感じが出る程度で、脱毛による痛みを伴うほどではありません。
もともと、ひげの脱毛処理をレーザーで行うことで痛みが少ないうえに、
麻酔も併用し、ひげの脱毛後のケアーも万全のため、短い時間で簡単に
痛みを伴わずにひげの脱毛ができるのが、レーザー脱毛の特徴です。
ひげのレーザー脱毛は全体で20分ほどで終了します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。